伴林氏神社
menu

授与品

神札(おふだ)

神宮大麻と伴林氏神社のお札

神札セット

【初穂料】 1800円
神宮大麻

神宮大麻

【初穂料】 1000円
伴林氏神社お札

伴林氏神社神札

【初穂料】 1000円

オリジナル守り

こちらのお守りはオーダーメードが可能です。あなたの願いを込めた世界に一つだけのお守りをお作りします。 詳しくは、お電話、または窓口にてお気軽にご相談ください。

銀杏守り

銀杏守り

伴林氏神社の境内で実った銀杏で手作りしたお守りです。 三面の銀杏は珍しく、幸福を招くといわれています。
健康守、招福守、勝守、金運守、開運守、長寿守、大丈夫守、交通安全守、学業守、家内安全守、コロナ退散守、他

【初穂料】 300円

五円(御縁)玉守り

5円(御縁)守り

5円玉を紅白の緒で飾った御縁守りです。身に着けて神様と御縁を結んでください。
御縁守、幸せ守、福銭守、コロナ退散守、疫病退散守、他

【初穂料】 300円

御神木守り

御神木守り

境内の御神木(桜、楠、椋、南天など)を剪定した小枝で手作りしたお守りです。

【初穂料】 500円

お守り

お守り

お守り

最も一般的なお守りです。

【初穂料】 500円

ビニール入りお守り

お守り(ビニール)

最も一般的なお守りです。

【初穂料】 500円

木札守り

木札守り

旧拝殿天井材で奉製した木札守です。交通安全、家内安全、長寿、厄除け開運、病気平癒、 身代わり、八方除け、必勝、学業成就、安産、他

【初穂料】 500円

肌守り

肌守り

一般的なお守りです。こちらのお守りは常に肌身離さずお持ちになってください。

【初穂料】 500円

交通安全守り

交通安全守り

ビニール入りのお守りです。お車、バイクなどに。

【初穂料】 500円

交通安全ステッカー、だんじりステッカー

交通安全ステッカー

デザインは「だんじり」と「道路」の二種類がございます。

【初穂料】 500円

子ども守り

子ども守り

【初穂料】 500円

内符

内符

5.3㎝×2.0㎝の小さなお札です。お財布やスマホケースに入れたり、ご自身で作られたお守り袋の中に入れてお持ちください。

【初穂料】 200円

御朱印

御朱印

御朱印

【初穂料】 300円

御朱印帳

御朱印帳

【初穂料】 1500円

六社寺巡り

古市古墳群と六社寺巡り

古市古墳群(仲哀天皇陵、応神天皇陵、允恭天皇陵)と六社寺(伴林氏神社、道明寺天満宮、 辛國神社、誉田八幡宮、道明寺、葛井寺)を巡り御稜印と御朱印を一枚の色紙に集める企画です。
(主催:藤井寺観光協会http://www.fujiidera-kanko.info/news/pages/6shaji.html

【初穂料】 色紙 1500円
      御朱印 300円

おみくじ

万葉神籤

萬葉神籤(まんようみくじ)

伴林氏神社の氏子であった大伴家持が編纂した万葉集から選び出された歌がおみくじになっています。 大きな筒を回転させ、長いみくじ棒を取り出します。おみくじに吉凶はなく、万葉集の歌が1首とその現代語訳、 神様からのメッセージが書かれています。

【初穂料】 200円

おみくじ

おみくじ

大人用と子供用がございます。

【初穂料】 100円

その他

干支絵馬

干支絵馬

【初穂料】 500円

おみくじの歌の表紙

おみくじの歌

伴林氏神社と万葉神籤の第29番(大伴家持)の歌が掲載されています。

【初穂料】 1300円

御朱印でめぐる大阪・兵庫の神社の表紙

御朱印でめぐる大阪・兵庫の神社

伴林氏神社をご紹介頂いています。

【初穂料】 1300円

歯固め石

歯固め石

お食い初めなどで使用していただく石です。石のように丈夫な歯が生え、健康で長生きできるようご祈祷しています。

【初穂料】 300円

清めの砂

清めの砂

住まいの邪気払いには、鬼門又は敷地の四隅に撒いてください。
人々の邪気払いには、長く居る部屋(寝室や居間など)の四隅に一週間ほど置き、邪気を砂に十分吸収させてください。

【初穂料】 300円

授与品についてのよくあるご質問

Q神札(おふだ)はどのようなところにお祀りすればよいですか?
Aリビングなど生活の中心となる部屋の清浄な場所に神棚を設け(なければ家具や飾り棚の上に半紙などの白い紙を敷いて場所を作る)、神札をお祀りしてください。 一般的には明るく清らかで、立ち上がった時の目線より少し上の場所に神札の正面を南向きか東向きにお祀りするのがよいと言われていますが、 このような場所がなくても、家族が毎日お参りできる場所を第一に考えお祀りするのがよいでしょう。 大切なのは、神様を敬う気持ちです。
なお伴林氏神社社務所にて簡易神札立てのご用意がありますので、窓口でご相談ください。
Q二体以上の神札(おふだ)はどのようにしてお祀りすればよいですか?
A横に並べてお祀りする場合は、中央に伊勢神宮の神札(神宮大麻)、向かって右に氏神さまの神札、 左に崇敬する神社の神札を並べます。(二体の場合は、向かって右に神宮大麻、左に氏神さまのお札を並べます)
重ねてお祀りする場合は、一番手前に神宮大麻、次に氏神さま、崇敬する神社の順に神札を重ねてお祀りします。
神札を覆っている薄紙は、皆様のお手元にお札が届くまで汚れないようにするための包み紙なので取ってお祀りしますが、 そのままでも差し障りありません。
Q新しい神札(おふだ)にはいつかえればよいですか? 古い神札はどうすればよいですか?
Aお正月を迎える前に神棚を掃除し、新しい神札をお祀りしてください。古い神札は一年間守護していただいた感謝の気持ちを添えて、 神社の古札納所や窓口に返納してください。伴林氏神社では、お納めいただいた神札やお守りなどを正月、左義長、節分祭の日のとんどでお炊き上げいたしております。
Qお守りを複数持つと神様同士が喧嘩をするって本当ですか?
Aお守りをいくつ持っていても神様同士が喧嘩をすることはありません。 大切なのは神様の分身であるお守りを粗末に扱わず、感謝の気持ちを持って、出来れば常に身に着けておくということです。 お家で保管する場合は、引き出しなどにしまわず、目線より少し上の明るい場所に置いてください。
Qお守りは何年持っていてもいいですか?
Aお守りは一年を目安に返納し、新しいお守りを受けられることをお勧めします。 また願掛けをされた場合は、そのお願い事が叶った時に返納されるとよいでしょう。
Q古いお守りはどうしたらよいですか?
Aお守りを授かった神社の古札納所などに返納します。神社が遠く返納できない場合は、お近くの神社にご相談ください。 伴林氏神社では、お納めいただいた神札やお守りなどを正月、左義長、節分祭の日のとんどでお炊き上げいたしております。
Qおみくじは一年に一度しか引いてはいけませんか?
Aおみくじは神様からのメッセージですので、思ったような内容ではなかったからと何度も引き直すことはお勧めできません。 しかし、神様に聞きたいことや願い事が複数ある場合は一日に何度引いても大丈夫です。
Qおみくじは持って帰ってもいいですか?
A本来おみくじは持ち帰り、日々の生活の中で読み返しながらご自身への教訓にしていただくものです。 ですがよくない内容でどうしても持ち帰りたくない場合は、境内のおみくじ結び所に結んでください。
Q歯固め石は使い終わった後、どうすればよいですか?
A神社へご返納ください。境内の子守の木の根元へ置いていただいても差し支えありません。
Q清砂は使用後どうすればよいですか?
A家の外に撒くか、神社にご返納ください。